遺品整理や散骨について|お葬式などの情報発信サイト

funeral

散骨について

散骨についての基礎情報

funereal

散骨とは、故人の粉骨を山野、海、空等の自然の中で撒く葬送方法のことです。遺体を火葬した後に、焼骨を砕いて粉末状にするのが一般的です。日本では、墓地や埋葬に関しての法律が定められていますが、散骨に関しては特に規制をしていません。そのため、刑法190条で規定している死体遺棄罪に相当するのではないかという議論が起こったこともあります。しかし、これに対して法務省は散骨が節度をもって行われる限りは違法性はないという見解を示しています。その範囲内で散骨が行われる場合、法律に抵触しない行為だと言えますが、散骨に際しては、方法や場所に細心の注意を払う必要があるでしょう。というのも、近隣住人とトラブルになるケースがあるからです。

他の葬送方法との違いとメリット

散骨は、その手法や考え方において、他の葬送方法とは一線を画しています。最も大きな違いは、遺骨を自然と同化させるという点です。その他の葬送方法の場合、遺骨は骨壷に入れた上で物理的に外界と隔離して埋葬するか、遺体のまま埋葬します。そのため、個人を形として残しておくことができます。一方、散骨の場合はそれとは異なるメリットがあります。まず、費用を安く抑えることができるという点です。また、故人は自然に還ったという考え方ですので、自然と共に故人を偲ぶことができます。他にも、思い立った時に葬送できるという点や、散骨場所に赴いてから散骨場所を決めることができるという点、故人との思い出の場所を選ぶことができるという点もあります。

Copyright © 2015 遺品整理や散骨について|お葬式などの情報発信サイト All Rights Reserved.