遺品整理や散骨について|お葬式などの情報発信サイト

funeral

特殊清掃業務とは

特殊清掃業務に力を注ぐ業者が増えそうです

funereal

遺品整理業者ならではのサービスとして人気を集めているものに、特殊清掃業務があります。特殊清掃業務は、自殺や孤独死が発生した室内の清掃業務です。人間の体が腐敗すると、最終的にはドロドロに溶けてしまいます。その際に尋常ではない悪臭が発生するのですが、普通の人では室内に足を踏み入れることを躊躇してしまうような悪臭が部屋中に染み付きます。一般的なハウスクリーニング業者に室内の清掃を頼んでも引き受けてもらうことができませんが、遺品整理業者であれば引き受けてもらうことができます。誰もが立ち入ることをためらってしまうような状況になっていても、嫌な顔一つ見せずに清掃してくれますので、遺品整理業者がいてくれてよかったと感謝する人がたくさんいます。この特殊清掃業務に対する需要は今後増加すると予想されているため、特殊清掃業務に力を注ぐ遺品整理業者が増えるだろうと考えられています。

業者によってサービス内容に違いがあります

多くの遺品整理業者が特殊清掃サービスを提供していますが、特殊清掃サービスを全く取り扱っていない業者も存在しています。どの業者を利用する場合も実際に現場を見て詳細な現地見積もりを行ってから作業に取り掛かってくれるようになっていますが、特殊清掃サービスを希望しているのに、そのサービスを取り扱っていない業者を呼んでしまった場合は、時間の無駄になってしまいます。ですので、事前に特殊清掃業務を取り扱っているかどうかを確認してから呼ぶようにするのが賢明です。現地見積もりを無料で行っている業者がほとんどですから、見積もりを出しに来てもらっただけで料金が発生してしまう心配はありませんが、なるべく余計な手間はかけないようにしたいものです。

Copyright © 2015 遺品整理や散骨について|お葬式などの情報発信サイト All Rights Reserved.